カラミざかり/桂あいりのエロ漫画

桂あいりのエロ漫画「カラミざかり」のネタバレ・感想を紹介しています。

感想

第5話「いっぱい出たね」

投稿日:

カラミざかりの第5話「いっぱい出たね」のあらすじ、感想を紹介します。

ベッドの下に落ちてしまった山岸と新山。

新山から山岸にキスをし、山岸は新山のおっぱいを揉んでいる。

「や…やわらか…」初めて揉む女の子のおっぱいに興奮気味の山岸。

ベッドで吉野が新山のま〇こを一生懸命舐めている。

そんな行為を見つめる山岸に新山がチャックを下ろし、山岸のおちんちんを舐め始めた。

「あ…あっ」と気持ち良すぎて声が漏れる山岸。

そんな時、ベッドでは吉野が飯田のま〇こにおちんちんを挿入している。

山岸は好きな飯田が吉野とセ〇クスすることに抵抗しようとするが、吉野は少しずつ挿入していく。

それを見た山岸は絶望感に見舞われる。親友に好きな女の子の処女を奪われるなんて…。

吉野はそんな山岸の気持ちを考えずに腰を強く振り始める。

「飯田のま〇こすげー締め付け…」

そして、吉野は飯田のま〇こ、山岸は新山の口に出してしまう。

「いっぱい出たね」

第5話の感想

親友に好きな人の処女を奪われるという衝撃な展開でしたが、読んでいて切なくもあり、とてもエロく感じました。

普通なら抵抗してケンカになると思うのですが、自分んも女の子にフ〇ラされていますからね、複雑です。

吉野の家からの帰り道、飯田の後ろ姿を見つめる山岸の表情がとても印象に残りましたね。

続編もあるようなので、早く6話を読みたいです。山岸には飯田と結ばれてほしいな。

-感想

Copyright© カラミざかり/桂あいりのエロ漫画 , 2019 All Rights Reserved.