カラミざかり/桂あいりのエロ漫画

桂あいりのエロ漫画「カラミざかり」のネタバレ・感想を紹介しています。

感想

第4話「おっぱい…さわって…」

投稿日:

カラミざかりの第4話「おっぱい…さわって…」のあらすじ、感想を紹介します。

吉野がオナホを使うために自らオカズになった新山。

オ〇ホに出した後、新山がお掃除フェラをしてくれて興奮した吉野はベッドに新山を押し倒し、「挿れていい?」と聞く。

新山は頷き、吉野はゴムを探そうとする。

机からゴムを取り出し、いざ挿入へ。

新山は初めてらしく、くしくも吉野も初めてだった。

吉野はゆっくり挿入し、腰を振り始める。

「あっ、あんっ」と新山の喘ぎ声が部屋に響く。

そんな光景を山岸と飯田は恥ずかしそうに見ているが、二人とも興奮していた。

吉野は気持ち良すぎてすぐにイってしまい、ベッドに横たわる吉野と新山。

吉野はボーっと立っている山岸と飯田をベッドに乗せ、吉野は飯田にキスをする。

それを見た山岸が「お…おい」と止めようとするが、新山が山岸の顔を引き寄せキスをする。

初めてのキスに驚く山岸。

吉野は新山とキスし、おっぱいを揉んでいる。

それを見ていた山岸は新山と一緒にベッド下に落ちてしまう。

そして、新山は私たちもしよう山岸を抱き寄せてキスをする…。

第4話の感想

4話はかなりエロかったですね。

吉野と新山のエッチから、山岸と飯田も参戦し乱交みたいになりましたね。

飯田が吉野に半ば強引にキスされているところやおっぱいを揉んでいるところがとても良かったです。

しかし、山岸が好きな飯田が吉野にエッチなことをされているところを目の前で見てどうしていいか分からない表情が少し可哀そうにも思えました。

複雑な気持ちと性欲のはざまで揺れる思春期の男の気持ちがよく描かれていますね。

-感想

Copyright© カラミざかり/桂あいりのエロ漫画 , 2019 All Rights Reserved.